光脱毛(フラッシュ)の種類

SSC脱毛、IPL脱毛、フラッシュ脱毛もみな光脱毛です。

全身脱毛新潟チェック

光源から光を照射して、黒い色素に集まる光を当てて脱毛する光脱毛は、みな光を照射して脱毛するという事において同じなので(光を1点に集束させているレーザーは別として)広い意味で光脱毛といっていいでしょう。

 

S.S.C脱毛、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛などいろいろな表現があります。

 

フラッシュは点滅光のことを意味していて、基本的に、光脱毛と同じですが、この光を点滅させて照射していることから、フラッシュと言い換えているだけといっていいでしょう。

全身脱毛新潟チェック

S.S.C脱毛は、イタリアで研究開発された美肌効果が期待できる方法で、「スムーススキンコントロールメソッド」いうものの略称です。このS.S.C脱毛では照射する光はクリプトンライトという光で、ビーンズジェルというジェルを使用します。光であたえる熱で直接脱毛するというよりも、ジェルを浸透させるために光を当てるという説明です。

 

そのためジェル自体に脱毛効果を持たせ、光を当てることで、その効果を促進させて脱毛させるという方法です。

プラズマ脱毛も、S.S.C脱毛と同じキセノンフラッシュ光線と、特殊偏光フィルムを使うようなので、名前が違うだけで原理はほぼ同じといっていいでしょう。
IPL脱毛(フラッシュ)というのは、インテンス・パルス・ライトという光を使用して行う施術方法で、ジェルはサロンが独自で選んでいることが多いようです。最初はシミや痣などの治療として使われていたので、フォト美肌効果もそこそこ期待はできます。

 

全身脱毛新潟チェック

結局、エステサロンで使用できるものとしては、レーザーより安全で弱い、光脱毛で、それらを独自色を打ち出すために、別の名前をつけていることが結構あり、ここに上げた以外でも、国産メーカーや脱毛サロン独自で開発したものなどいろいろな機械があり、光源やシステム、ジェルを使う、使わないなど違いがあります。

 

照射時に使用する冷却ジェルは肌を主に保護する目的で使われていますが、ジェルなしのマシーンの場合、肌に触れるマシーン部分を冷却して、肌を火傷などから守るようにされています。どちらも一長一短ありますが、ジェルは脱毛後拭き取りの手間があり、また人によってはふき取るだけでは不快と感じる人もいます。

 

冷却ジェルを使わないマシーン自体が冷却機能を持つものの場合は、それがとても冷たくてそのほうが辛いという人もいますので、人それぞれ感じ方の違いでしょう。

全身脱毛

全身脱毛

 

どちらも基本的には光の照射で熱を毛根組織周辺にあつめて毛母細胞を破壊して生えて来なくするという原理は同じだと考えていいでしょう。

 

全身脱毛新潟チェック

光脱毛は、欧米では、白人の脱毛で効果を上げているものなので、色の白くない日本人では、どの程度の確率で脱毛効果があるのかはまだまだはっきりわかっていません。

何年かするとまた生えてきてしまうかもしれませんし、肌の質や体毛の違いで効果があった人と、そうでない人がいるのは、肌の色の違いによるところが結構大きいのではないかと思います。

 

このため日本人の肌や毛に合わせて開発したと謳う国産メーカーの脱毛マシーンもどんどん登場しているようです。
新しいマシーンでは、より短時間に効果が出るようにして、施術回数を減らしたり、時間を減らしたりして、より予約が取りやすくする方向に進んでいるようです。

脱毛サロン別脱毛器情報

S.S.C方式 ミュゼ/脱毛ラボ
IPL方式 銀座カラー/ラ・ヴォーク/キレイモ/ラット・タット/シースリー

ただし同じ脱毛方式であっても、メーカや機種が違えばその能力は全く異なります。IPLでは国産メーカー制も多く、シメキーライト、ルネサンス(GT・GTR)などのマシーンが有名です。

光脱毛の色々関連ページ

3種の脱毛方法
脱毛サロンやエステ、医療機関で行われる脱毛方法そのだつひょぅ的な3つの方法についての違いをまとめてみました。
脱毛前の注意と準備
脱毛の前や後で注意しなければならないことなどをまとめてみました。光、レーザー、ニードルそれぞれの脱毛方法によってもそれは異なります。